カテゴリー: 総合
投稿者: maruzen
<全体概況>
12月は、土曜・祝日が前年より少なく、外食全体の客数に影響し、FR業態および飲酒業態を中心に客数を落とした。また、法人の忘年会の減少、禁煙店舗の増加、大晦日などの営業時間短縮、消費増税の影響による商業施設の不振なども、客数減の要因となったが、引き続き好調なFF業態に支えられ、外食全体の売り上げは101.0%と前年を上回った。

<業態別概況>
■ファーストフード業態
・全体売り上げは103.5%と前年を上回った。
・「洋風」は、期間限定商品やクリスマスシーズンのチキンが好調で、売り上げは103.3%。「和風」は、引き続き季節商品や定食メニューの好調で客単価上昇、売り上げ105.4%。「麺類」は、ディナー時間帯での増量キャンペーンなどに支えられ、売り上げ100.6%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、回転寿司では年末の持ち帰り需要が好調で単価上昇、売り上げ100.7%。「その他」は、「アイスクリーム」が携帯会社とのコラボキャンペーンにより客数が大幅に増加、売り上げは109.2%となった。

■ファミリーレストラン業態
・全体売り上げは98.3%と前年を下回った。
・「洋風」と「和風」は、禁煙店舗の拡大や営業時間短縮に加え、消費増税による節約志向なのか、全般的に客数が振るわず、売り上げは「洋風」96.3%、「和風」94.1%。「中華」は、忘年会シーズンに合わせたビールの値引きなどの各種キャンペーンを連続して打ち出し、売り上げは104.2%。「焼き肉」はお得なキャンペーンの奏功や、冬休みのファミリー需要が堅調で、売り上げは104.3%となった。

■パブ・居酒屋業態
・飲酒業態は、若者を中心に忘年会を敬遠する風潮があり、全体的に宴会需要が振るわず、「パブ・ビアホール」が売り上げ97.3%、「居酒屋」は売り上げ94.8%となった。
■ディナーレストラン業態
・ディナーレストランでも法人の忘年会減少の影響を受け、特に月後半の集客が伸びなかったところもあり、売り上げは99.6%となった。
■喫茶業態
・商業施設立地の店舗では、消費増税後、客数が伸び悩むところが多いものの、価格改定などで単価が上昇、売り上げは103.3%となった。
カテゴリー: 総合
投稿者: maruzen
飲食店の倒産、過去最多へ
~ 「酒場・ビヤホール」、「西洋料理店」が過去最多を更新 ~
はじめに
飲食店が厳しい状況に置かれている。節約志向の高まりに加え、今年10月に消費税率の引き上げとそれに伴う軽減税率が導入されたことで、消費者はテイクアウトやデリバリーなどの中食や、内食を選ぶ傾向が強まったと言われる。飲食店は他にも、人手不足、社長の高齢化、後継者問題、キャッシュレス化、改正健康増進法の施行が2020年に控えるなど今後も懸念が尽きない。
今回、帝国データバンクでは、2000年~2019年11月の飲食店事業者の倒産(※)動向について集計・分析した。

※飲食事業を主業とする事業者(法人・個人事業者)で、法的整理かつ負債1000 万円以上を対象としている

調査結果
1 2019年(1月~11月)の飲食店事業者の倒産は668件で、11月時点で過去4番目の水準となった。通年では過去最多となっている2017年(707件)を上回る勢い
2 業態別にみると、「酒場・ビヤホール」(143件、構成比21.4%)、「西洋料理店」(110件、同16.5%)が11月時点で過去最多を更新した。「酒場・ビヤホール」は11年連続で件数最多の業態となったほか、「西洋料理店」は3年連続で件数が急増している
3 負債額別にみると、2019年(1月~11月)は5000万円未満の小規模倒産が構成比84.4%(564件)、5000万円以上の倒産が同15.6%(104件)となった。5000万円未満の倒産は2015年から5年連続で8割超となっている。
弊社のお客様が倒産されないように来年も提案し続けていきます!
カテゴリー: 総合
投稿者: maruzen
<全体概況>
9月は、大型台風の上陸で大きな被害があったが、前年より晴れの日が多く、全国的に気温も高くなり、消費増税前の商業施設での駆け込み需要と相まって、外食の客足も伸び、ファストフード業態を中心に好調、全体の売り上げは104.0%と、前年を上回った。

<業態別概況>
■ファストフード業態
・全体売り上げは106.8%と前年を上回った。
・「洋風」は、お得なセットメニューや期間限定の新商品等の好評により客数が大幅に伸び、売り上げは109.7%。「和風」は、季節商品、定食メニューともに好調で、売り上げ104.5%。「麺類」は、期間限定フェアの開催やメディア露出の効果で、売り上げ106.0%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、回転寿司が連休期間などの集客好調で、売り上げ103.1%。「その他」は、「カレー」が曜日周りの影響などで客数が振るわなかったものの、「アイスクリーム」がこれまでの価格改定による単価上昇や、お得なキャンペーンの好評で、売り上げは102.7%となった。

■ファミリーレストラン業態
・全体売り上げは101.3%と前年を上回った。
・「洋風」と「和風」は、各社まちまちで、引き続き客数が振るわなかったところがあったものの、フェア品などの好調で客単価は上昇、売り上げは「洋風」100.4%、「和風」98.6%。「中華」は、ポイントカードのキャンペーンの推進などで、売り上げは104.9%。「焼き肉」は、月末にかけて集客堅調、売り上げは104.2%と前年を上回った。

■パブ・居酒屋業態
・大型台風の影響もあったが、「パブ・ビアホール」は気温の高い気候の中でビアガーデンが好調、また一部ではラグビーW杯の開催で訪日客も含めて客数が増え、売り上げ111.1%。「居酒屋」は、店舗減に加え、引き続きお盆以降の集客が振るわず、売り上げ96.4%となった。
■ディナーレストラン業態
・前半の厳しさを後半の連休で挽回、一部では消費増税前の駆け込み需要もみられ、売り上げは102.1%となった。

■喫茶業態
・前年より気温が高くアイスドリンクが好調であったことに加え、キャッシュレス促進キャンペーンなどにより、客数と客単価が上昇、売り上げは108.9%となった。
カテゴリー: 総合
投稿者: maruzen
<全体概況>
9月は、大型台風の上陸で大きな被害があったが、前年より晴れの日が多く、全国的に気温も高くなり、消費増税前の商業施設での駆け込み需要と相まって、外食の客足も伸び、ファストフード業態を中心に好調、全体の売り上げは104.0%と、前年を上回った。

<業態別概況>
■ファストフード業態
・全体売り上げは106.8%と前年を上回った。
・「洋風」は、お得なセットメニューや期間限定の新商品等の好評により客数が大幅に伸び、売り上げは109.7%。「和風」は、季節商品、定食メニューともに好調で、売り上げ104.5%。「麺類」は、期間限定フェアの開催やメディア露出の効果で、売り上げ106.0%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、回転寿司が連休期間などの集客好調で、売り上げ103.1%。「その他」は、「カレー」が曜日周りの影響などで客数が振るわなかったものの、「アイスクリーム」がこれまでの価格改定による単価上昇や、お得なキャンペーンの好評で、売り上げは102.7%となった。

■ファミリーレストラン業態
・全体売り上げは101.3%と前年を上回った。
・「洋風」と「和風」は、各社まちまちで、引き続き客数が振るわなかったところがあったものの、フェア品などの好調で客単価は上昇、売り上げは「洋風」100.4%、「和風」98.6%。「中華」は、ポイントカードのキャンペーンの推進などで、売り上げは104.9%。「焼き肉」は、月末にかけて集客堅調、売り上げは104.2%と前年を上回った。

■パブ・居酒屋業態
・大型台風の影響もあったが、「パブ・ビアホール」は気温の高い気候の中でビアガーデンが好調、また一部ではラグビーW杯の開催で訪日客も含めて客数が増え、売り上げ111.1%。「居酒屋」は、店舗減に加え、引き続きお盆以降の集客が振るわず、売り上げ96.4%となった。
■ディナーレストラン業態
・前半の厳しさを後半の連休で挽回、一部では消費増税前の駆け込み需要もみられ、売り上げは102.1%となった。

■喫茶業態
・前年より気温が高くアイスドリンクが好調であったことに加え、キャッシュレス促進キャンペーンなどにより、客数と客単価が上昇、売り上げは108.9%となった。
カテゴリー: 総合
投稿者: maruzen
<全体概況>
9月は、大型台風の上陸で大きな被害があったが、前年より晴れの日が多く、全国的に気温も高くなり、消費増税前の商業施設での駆け込み需要と相まって、外食の客足も伸び、ファストフード業態を中心に好調、全体の売り上げは104.0%と、前年を上回った。

<業態別概況>
■ファストフード業態
・全体売り上げは106.8%と前年を上回った。
・「洋風」は、お得なセットメニューや期間限定の新商品等の好評により客数が大幅に伸び、売り上げは109.7%。「和風」は、季節商品、定食メニューともに好調で、売り上げ104.5%。「麺類」は、期間限定フェアの開催やメディア露出の効果で、売り上げ106.0%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、回転寿司が連休期間などの集客好調で、売り上げ103.1%。「その他」は、「カレー」が曜日周りの影響などで客数が振るわなかったものの、「アイスクリーム」がこれまでの価格改定による単価上昇や、お得なキャンペーンの好評で、売り上げは102.7%となった。

■ファミリーレストラン業態
・全体売り上げは101.3%と前年を上回った。
・「洋風」と「和風」は、各社まちまちで、引き続き客数が振るわなかったところがあったものの、フェア品などの好調で客単価は上昇、売り上げは「洋風」100.4%、「和風」98.6%。「中華」は、ポイントカードのキャンペーンの推進などで、売り上げは104.9%。「焼き肉」は、月末にかけて集客堅調、売り上げは104.2%と前年を上回った。

■パブ・居酒屋業態
・大型台風の影響もあったが、「パブ・ビアホール」は気温の高い気候の中でビアガーデンが好調、また一部ではラグビーW杯の開催で訪日客も含めて客数が増え、売り上げ111.1%。「居酒屋」は、店舗減に加え、引き続きお盆以降の集客が振るわず、売り上げ96.4%となった。
■ディナーレストラン業態
・前半の厳しさを後半の連休で挽回、一部では消費増税前の駆け込み需要もみられ、売り上げは102.1%となった。

■喫茶業態
・前年より気温が高くアイスドリンクが好調であったことに加え、キャッシュレス促進キャンペーンなどにより、客数と客単価が上昇、売り上げは108.9%となった。
カテゴリー: 総合
投稿者: maruzen
<全体概況>
6月は、日曜日が1日多い曜日周りに支えられ、特に各種キャンペーン等が奏功したFFが好調に推移した。また、引き続き、季節メニューの投入やメニュー価格の改定等により客単価が上昇したことで、全体の売り上げは103.4%と34ヵ月連続して前年を上回った。

<業態別概況>
■ファーストフード業態
・全体売り上げは105.7%と前年を上回った。
・「洋風」は、お得な創業記念商品や期間限定商品等の好調で客数・客単価ともに上昇、売り上げは107.9%。「和風」も、テイクアウトの値引き、季節メニューや定食メニューの好調などで客数・客単価ともに上昇、売り上げ104.6%。「麺類」は、期間限定商品の投入やCM投下量の増加等で客数が増加、売り上げ107.6%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、回転寿司の好調や、比較的高価格の食材を投入した弁当単価の上昇などにより、店舗減の中、売り上げ100.1%。「その他」は、「アイスクリーム」が梅雨明けの早かった昨年の反動で客数減となったが、客単価の上昇により売り上げ101.1%となった。

■ファミリーレストラン業態
・全体売り上げは101.8%と前年を上回った。
・「洋風」と「和風」は、休日が1日多かったにもかかわらず客数振るわず、店舗の減少傾向もあり、売り上げは「洋風」99.6%、「和風」99.5%と、前年を下回った。「中華」は、メニューのリニューアルやご当地グルメのフェア等で引き続き集客好調、売り上げは108.0%。「焼き肉」も、引き続きファミリー層の支持で好調を維持、売り上げは106.7%。

■パブ・居酒屋業態
・飲酒業態では、金曜日が1日少ない曜日周りや、梅雨明けが早かった昨年の反動により、客数はマイナス。「パブ・ビアホール」は昨年のサッカーW杯の反動や、天候不順によるビアガーデンの不調などで客数が減り、売り上げ94.9%。「居酒屋」は店舗減もあり、売り上げ98.0%となった。
■ディナーレストラン業態
・日曜日が多い曜日周りでおおむね堅調に推移。高価格帯の新店効果もあり、店舗減の中でも売り上げは102.4%となった。

■喫茶業態
・昨年と比べ最終週の気温が低かったことなどから客足に影響が出たものの、春の価格改定等で客単価が上昇、売り上げは101.3%となった。
カテゴリー: 総合
投稿者: maruzen
<全体概況>
2月は、暖冬傾向で気温が高く、天候が比較的安定していたことも外食需要の下支えとなり、FFを中心に概ね堅調に推移し、全体の売り上げは101.9%と30ヵ月連続して前年を上回った。また、FFを中心に導入が進んでいる宅配代行サービスやQR決済も、全体売り上げへの効果はまだ限定的ではあるものの、売り上げ伸長に寄与している。

<業態別概況>
■ファストフード業態
・全体売り上げは102.4%と前年を上回った。
・「洋風」は、期間限定商品やお得なランチセットが好調なほか、宅配代行サービスが伸びたところもあり、売り上げ104.7%。「和風」は、引き続き定食メニューの好調や割引パスポートの販売効果などで客単価上昇、売り上げ100.3%。「麺類」は、店舗数増と新メニュー強化やCM効果などにより、売り上げ101.7%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、店舗減に加え、休日の天候不順もあり、売り上げは99.2%。「その他」は、暖冬の中で「アイスクリーム」の再来店促進キャンペーンなどが好調で、売り上げ102.0%となった。

■ファミリーレストラン業態
・全体売り上げは101.1%と前年を上回った。
・業種別では、「洋風」「和風」は、各社まちまちで、期間限定品・フェア品が堅調なところがある一方、集客が振るわないところもあり、売り上げは「洋風」100.5%、「和風」99.6%となった。「中華」は、TV露出の効果などで、売り上げは104.1%。「焼き肉」は店舗増などもあり、売り上げは101.9%となった。

■パブ・居酒屋業態
・飲酒業態は、週末の需要が堅調に推移し、「パブ・ビアホール」は売り上げ104.0%、「居酒屋」は春節のインバウンド需要もあり、売り上げ101.9%となった。

■ディナーレストラン業態
・鍋のお得なキャンペーンなどで集客堅調、売り上げは101.9%となった。

■喫茶業態
・ドリンクメニューへのプレゼントキャンペーンやフードメニューの強化が奏功したところがあり、売り上げは101.2%となった。
カテゴリー: 総合
投稿者: maruzen

<全体概況>
8月は、台風の上陸や集中豪雨、猛暑など、マイナス面もあったが、東京などで長雨の続いた前年と比べると雨天日が少なく、全体の客数は101.0%となった。加えて価格改定や各社各様のキャンペーン、季節メニューの訴求等による客単価の上昇が続いており、全体売り上げは102.9%と、24ヵ月連続して前年を上回った。

<業態別概況>
■ファーストフード業態
・全体売り上げは103.1%と前年を上回った。
・「洋風」は、ディナー時間帯のキャンペーンやお得なランチセット、季節商品などが好調で、売り上げは104.1%。「和風」は、夏休みの子どもを対象にしたクーポン配布やアルコール類のキャンペーンなどが奏功し、客数・客単価ともに堅調、売り上げ104.7%。「麺類」は、猛暑で客足は伸びなかったが店舗増などで売り上げ100.6%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、店舗ごとの販売企画が奏功したところがあった他、価格改定による単価上昇で、売り上げは102.7%。「その他」は、「アイスクリーム」は、ゲームアプリとのコラボで大幅に伸びた昨年の反動で、売り上げ98.5%となった。

■ファミリーレストラン業態
・全体売り上げは102.5%と前年を上回った。
・業種別では、「洋風」は、専用のスマホアプリの活用で店内販売、デリバリーともに好調のところ、デザート販売が奏功し客単価が上昇したところなどがあり、売り上げは101.2%。「和風」は、猛暑の中、提供メニューの違いが明暗を分けたが、全体では客単価上昇で売り上げ101.0%。「中華」は、キャンペーン効果に加えメディア露出などで客数が増え、売り上げは105.7%。「焼き肉」は、夏休みやお盆の帰省需要を取り込み集客好調、売り上げ105.9%と21ヵ月連続して前年を上回った。

■パブ・居酒屋業態
・飲酒業態は、金曜日が1日多い曜日周りや比較的安定した天候などで、好調となった。「パブ・ビアホール」は、創業イベントなどが好調で、売り上げは101.4%。「居酒屋」は、お盆時期の集客が堅調で、売り上げは102.1%となった。

■ディナーレストラン業態
・各社まちまちだが、大型の新店効果とお盆需要が牽引し、売り上げは104.2%となった。

■喫茶業態
・猛暑で冷たいドリンクやかき氷など季節メニューが好調で、客単価上昇、売り上げは101.2%となった。
カテゴリー: 総合
投稿者: maruzen
<全体概況>
2月は、強い寒波の影響で全国的に低温となり、北陸など日本海側で記録的大雪に見舞われ、また平昌オリンピックによる外出控えなどから、客足に影響が出たところがあったものの、建国記念日の振替休日もあり全体の客数は102.7%となり、全体売り上げは103.1%と18ヵ月連続して前年を上回った。

<業態別概況>
■ファーストフード業態
・全体売り上げは104.5%と前年を上回った。
・「洋風」は、各社まちまちであったが、リニューアル商品の好調などで、売り上げは102.0%。「和風」は、携帯会社とのコラボキャンペーンにより売り上げが大幅に伸びて113.9%。「麺類」は、店舗増などで売り上げ103.9%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、店舗数減少や低温による客数減の影響もあり、売り上げ98.9%。「その他」は、引き続き「カレー」の客単価が上昇し、「アイスクリーム」はSNS経由でのクーポンが好評で、売り上げ104.2%となった。

■ファミリーレストラン業態
・全体売り上げは102.2%前年を上回った。
・業種別では、「洋風」は、店舗限定の特別メニューや高付加価値メニューが好評で客単価が上昇し、売り上げ100.5%。「和風」は、寒波がシニアの客足に影響するなどで、売り上げ99.3%。「中華」は、店舗増と割引券やスタンプカードキャンペーンの集客効果で、売り上げ105.6%。「焼き肉」は上昇トレンドが続いて、売り上げ109.5%と15ヵ月連続して前年を上回った。

■パブ・居酒屋業態
・飲酒業態は、堅調な年末年始需要で下げ止まり感が見られていたが、2月は寒波の影響が大きかったためか前年を上回れず全体売り上げは96.6%なった。「パブ・ビアホール」は、低温、冬季五輪に加えインフルエンザ流行の影響も受け、客数が減少、売り上げは97.1%。「居酒屋」は、引き続き店舗減少の影響が大きく、売り上げは96.5%。

■ディナーレストラン業態
・テレビCMのエリア拡大により客数が伸びた店舗、好調な高価格帯店舗などが牽引し、売り上げは105.9%となった。

■喫茶業態
・引き続きホットフードや新商品のドリンクで客単価は上昇したものの、客数が伸び悩み、売り上げは100.5%となった。
カテゴリー: 総合
投稿者: maruzen
<全体概況>
12月は、天候が比較的安定した地域が多かったことや、クリスマスや忘年会などの需要も堅調に推移したことから、客数は101.5%となった。また、引き続きフェアメニュー・期間限定メニューなど比較的高単価のメニューが全般的に堅調で客単価が上昇、全体の売り上げは103.5%と16ヵ月連続で前年を上回った。

<業態別概況>
■ファストフード業態
・全体売り上げは104.2%と前年を上回った。
・「洋風」は、クリスマス商品や冬メニューなどが好調で、売り上げは104.6%。「和風」は、原材料高による価格改定やトッピング訴求により客単価上昇、売り上げは105.7%。「麺類」は、新商品が好調で客単価上昇、売り上げは106.2%。「持ち帰り米飯・回転寿司」は、店舗数減少もあり、売り上げ99.5%。「その他」は、「カレー」が引き続き価格改定により客単価上昇、売り上げ101.1%となった。

■ファミリーレストラン業態
・全体売り上げは102.6%前年を上回った。
・業種別では、「洋風」は、営業時間短縮による客数減を客単価増がカバーし、売り上げ100.8%。「和風」は、店舗増に加え忘年会などの宴会需要もあり、売り上げ100.6%。「中華」は、創業キャンペーンなどが奏功し客数増、売り上げ104.6%。「焼き肉」は引き続き好調で、売り上げ110.0%と13ヵ月連続して前年を上回った。

■パブ・居酒屋業態
・飲酒業態はおおむね大口の忘年会需要が堅調で、全体売り上げは100.4%と2ヵ月連続して前年を上回った。「パブ・ビアホール」は、客数増により売り上げは102.1%。「居酒屋」も、店舗減少の影響があるものの、宴会需要が堅調で売り上げは100.0%と前年並みとなった。

■ディナーレストラン業態
・個人、グループを問わず年末需要による客数増で売り上げを伸ばしたところが多く売り上げ105.8%となった。

■喫茶業態
・スイーツの新商品やホットフードの販促フェアなどが好評で、売り上げは103.5%となった。